【セルフマッサージ】

梅雨が明け本格的な夏がやってくると、肌の露出が増え、気になるのがボディラインですよね。

FEM_MINCEUR_MIROIR_Gh353_2013_Prov

エステティックサロンでも6、7月からは痩身コースの需要が高まり、セルライトケアをはじめとする有りとあらゆるダイエット特集が雑誌にも取り上げられています。また今や6割以上の女性が保湿、引き締め、スリミングなど何らのボディクリームを使用しているというデータもある程、世の女性の昨今の意識の高さには驚かされます。サロンのお客様からも『自宅でのセルフマッサージの仕方を教えて下さい。』『カッサを使って流しても身体に負担にならないですか?』『リンパマッサージはどの向きに行うのが一番効果的ですか』などの質問も聞かれます。

 【経絡リンパマッサージとは】

今日は簡単かつ効果的なセルフケアによる経絡リンパマッサージをご紹介致します。経絡リンパマッサージとは、東洋医学における経絡と西洋医学におけるリンパマッサージを融合させたものです。経絡とは気と血の通り道で全身に張り巡らされ、五臓六腑と繋がっていると言われています。経絡が滞ると中継地点であるツボが固くなり、免疫力の低下、疲労、内蔵の不調をきたします。リンパマッサージはリンパのみを流し、老廃物やむくみの排出を促しますが、経絡マッサージとリンパマッサージを組み合わせることで、身体に活力を取り戻し、気と血液、リンパの流れを作ることで代謝を上げて健康な痩せやすい状態に導きます。

 

【経絡リンパマッサージの手技】

以下4つの基本の手技を使いセルフマッサージをしてみましょう。

①押す

・手のひら全体で圧迫する手技

・親指で指圧する手技

②揉む

・雑巾を絞るような手技

・両手手根で挟む手技

③さする

・親指以外の四指でなでる手技

・拇指と中指で挟むように流す手技

④叩く

・手の平を丸めて空気をためてパコパコ軽く叩く手技

 

【経絡リンパマッサージの方法】

 

【足の裏、甲】

・足の裏の冷えて痛い所、固くなっている所を押します。

・足の甲の指の間を意識して足首の方へさすります。

 

【ふくらぎ】

・足首からふくらはぎに向かってを親指で押していきます(1箇所5秒程度)。

・足首から膝までを両手で雑巾を絞るように揉みます。

・足首から膝裏までさすり上げます。

マッサージ脚

【太もも】

・両手の手根で挟んで揉みほぐします。マッサージもも

・膝から太もも付け根まで内側、外側をまんべんなく流します。

・太もも全体を両手で叩きます。

 

【腹部】

・おへそ中心に時計回りに流します。

・みぞおちから真下に流します。

・四指でウエストのくびれから足の付け根中央に流します。

・下腹部を全体を両手で叩きます。

 

【腰、ヒップ】

・腰からヒップラインに沿って円を描くように内から外に左右同時にさすります。

・肩甲骨の下あたりから腰に向かって撫で下ろします。

 

【鎖骨】

・鎖骨上のくぼみを外から内にさすります。

・鎖骨下のくぼみを腕の付け根に向けてさすります。

 

【二の腕】

・肘から脇の下に向かって拇指と中指でさすります。マッサージ二の腕

 

マッサージはお風呂上がりや運動時、身体が温まった時が有効的です。

またマッサージ後は老廃物が排出されやすい状態になりますので、水分を沢山摂取しましょう。

継続は力なり、是非毎日無理のない程度で始めてみては如何でしょうか。