【正しい美白ケア】

ピーリング

シミやくすみ、色むらが無く透明度の高いお肌は女性であれば何歳になっても憧れを抱きます。

サロンにご来店のお客様の中でも、美白ケアのご要望は相変わらず多く、『シミは一度出来たら改善は難しいですか?』『このシミは5年くらい前からずっとあるのですが、どうにもならないですよねぇ』といったお悩みのお声が日々聞かれます。

 

シミはどうしてできてしまうの?

シミのできる原因は、表皮の基底層が紫外線によってダメージを受けた時の保護機能によって起こるものです。

メラノサイト(メラニンを生産する細胞)は皮膚の保護のために色のついたメラニンを生み出していきます。メラニンの色で皮膚の色は濃くなり、メラニンが紫外線を吸収することによって、ケラチノサイト(表皮の細胞)をダメージから守ることができるのです。

シミができる過程

シミがなかなか薄くならない。。。

お肌に出来た傷も次第に薄くなり目立たなくなるように、肌は常にターンオーバーを繰り返していますので、シミも例外ではありません。シミやメラニンも肌のターンオーバーにより下から押し上げられ肌から剥がれており日々代謝をしています。しかしながら、新しく出来るメラニン色素が剥がれ落ちるメラニン量を上回る場合は足し引きの結果、肌表面には同じシミが滞在している様に感じる訳です。

ですが一方で『私は大人になってからは殆ど日を浴びないけれど一向にシミが薄くならないんです。。。』と言うお声が聞かれるのも事実です。実は肌は日差しを浴びなくてもメラニン色素を日々生み出しているという事実があります。肌には記憶をするという能力がある為、若い時に浴びた紫外線によって受けた傷は肌細胞に記憶として残ります。若い時は肌代謝がよくシミにならなかったけれど、加齢によるターンオーバーの遅れと回復力の遅れがメラニンの異常生成を起こしシミの原因となります。20代に緩やかな老化が始まり、特に30代後半~40代前半にかけてシミが増えてくることが多いと言われています。一度メラニンの異常生成スイッチが押されてしまうと、陽射しを浴びていないのにも関わらず常に色素を作り、シミの色を年々濃くし、範囲を広げていきます。そうなってしまうと本当に恐ろしいですね。

 

シミへのアプローチ

一般的に美白の化粧品やエステの施術は以下の様なプロセスでメラニンや出来てしまったシミにアプローチしていきます。

⚫角質を除去し肌代謝を上げメラニンを排出する。

⚫メラニンの異常生成を抑制する。

⚫肌表面および肌内のメラニン色素を還元する

また最近では、生活習慣の乱れやストレス、食生活、間違ったお手入れが原因で頬の毛細血管がうっ血し、敏感になりそれが原因によるシミも増えてきています。洗顔後に頬の毛細血管が赤く浮き出ている場所はないでしょうか?おそらくその周辺は他と比べてシミやクスミも濃くなっているはずです。スポーツをした後に顏が赤くなってなかなか熱が冷めない方、お風呂上りに頬がずっと熱を持っていると感じる方、普段は頬がとても冷えている方、そんな方は血流を良くすることが、シミ改善の近道です。肌を活性、代謝促進させるようなマッサージや、超音波で血行促進する事が重要です。

 

これ以上シミを増やさないためには?

シミは出来てしまってから焦ってケアを始めるよりも、出来る前に予防を心がけて行くことがベストですが、一度出来てしまったシミは、原因とその対処法をしっかりと見極め、ケアをしていけば、改善はできるものです。同じ美白化粧品を一年中使用していても、日本には四季がありますから、肌への効果効能には差が出ます。夏場の美白ケアは基本的には新しく出来るメラニン色素の処理に追われます。逆に冬場は一年の中で一番肌色が白く、肌内のメラニン色素が一番少ない時期です。紫外線を受ける機会も少ない冬場は、ダイレクトにシミやメラニンにアプローチが出来、美白の効果も高いと言われています。冬から春にかけては肌内のメラニン色素を減らしていく事で、夏に新しいシミを作らない為の予防にもなるのです。

クレームエクレシサンリーシュ用_顔光あり

是非この機に正しい美白ケアを取り入れてみては如何でしょうか?