【顔が太る それは筋肉のせいかも?!】

クリスマス、女子会や忘年会、お正月、新年会など、年末年始の食事は普段よりカロリーオーバーになりがち。鏡に写った全身のシルエットを見て、ガーン。気付けばお腹がポッコリ(汗)なんて事にも。。。

そして太るのは体だけでなく、顔も同様に太るのですが、顔が太る仕組みというのは実は体とは少し異なります。

 顔が太る仕組み

顔の中では頬に脂肪が多くついていますが、頬がプリっと高さがあり、そして顎周りがシュッとしたシャープなフェイスラインの顔は小顔でとても若々しい印象です。一方、頬が脂肪の重さを支えきれず、たるんでしまい、口角が下がりやフェイスラインがくずれて二重顎になってしまったら、とても太った印象になってしまいます。両者の違いに影響している要因、何だかお分かりですか?

実は筋肉の状態なのです!顔の筋肉が衰えるとその上に乗っている脂肪を支えられなくなり雪崩現象が起きてしまいます。私たちの顔には22種類の表情筋があります。ですが普段の生活の中で使われているのは、なんとその3割程度。日本語という言語は表情筋をあまり使わなくても発音が出来てしまうため、欧米人と比較しますと、日本人は表情が少ない為に表情筋が衰えやすいと言われています。因みにドイツ人は8割、アメリカ人は6割だそうです。

そして年齢が高くなるにつれ、使う筋肉が更に減り、たるみを悪化させます。また筋力の衰えはたるみを招くだけではなく、筋繊維が細くなり、できた隙間を脂肪が埋めて、さらに脂肪の重みがたるみを助長します。また筋肉が衰えると、顔に貯まったむくみや老廃物が排出されにくくなり、重力で更に下げてしまう悪循環に陥ってしまうのです。

 

顔の筋肉

顔の筋肉刺激身体の筋肉であれば、ジムに行って沢山のマシーンでパーツ毎のエクササイズも出来ますが、22種の表情筋に対しては、どうしたら効率良いエクササイズが出来るでしょうか。

それを知る為に、まずは顔のリフトアップに影響している主な筋肉を知る必要があります。

~フェイスリフトに関係の深い筋肉~

⚫口輪筋

口の周りを囲んでいる筋肉。顔の筋肉の7割と繋がっている為、顔のリフトアップに大きく影響しています。衰えると口の縦じわやほうれい線を作ります。

⚫頤筋(おとがい筋)

顎の筋肉で、この筋肉が衰えると痩せていても二重顎やフェイスラインがボヤける原因になります。

⚫大頬骨筋

口角を引き上げほうれい線に関係が深い筋肉です

⚫小頬骨筋

頬を引き上げる筋肉で、ほうれい線に影響しています。

 

効果的な表情筋エクササイズ

■二重顎、フェイスラインが気になる方は

①あっかんべーをする時の様な感じで舌を思いっきり出し10秒キープ(2回)

②上を向いて舌を大きく突き上げます(10回)

■頬のたるみが気になる方は

①口を『オ』の形にして、鼻の下を伸ばします

②そのまま目線を上に向け、目の下を伸ばしていきます

③頬をゆっくり持ち上げて5秒間キープ

④ゆっくり戻します

■ほうれい線が気になる方は

①ほっぺたを風船の様に思いきり膨らませませ戻します

②頬のお肉を口の内側から吸い込みます

それぞれの筋肉を意識しながら行うと、血行が良くなり、お顔がポカポカしてくるのが実感できると思います。FEM_AFFNUTRITIONLIFTF39_app

やはり継続は力なり!

毎日朝晩の表情筋エクササイズで筋繊維を増やし、脂肪を燃焼させ、今日から引き締まった小顔を目指してみては如何でしょうか。