エステティシャンが毎日行っている本当のスキンケア

ゆらぎ肌にご注意!春のスキンケア

Aneta_283

 

気温の変化が著しい春は、お肌の状態が乱れやすくなります。暖かくなり木の芽が芽吹き、と同時に吹き出物も芽吹く季節ともいわれていますね。

吹き出物が芽吹くなんて気分が落ち込みそうですが、暖かくなると皮脂の分泌が活発になって吹き出物ができやすくなることが原因のひとつです。

そのほか、花粉の影響や気温の変化で体調やホルモンバランスをくずしてアレルギーを引き起こしやすくなることも春の特徴です。今年の花粉シーズンはそろそろ終わりですが、特に花粉症の方はマスクが必須アイテムとなりますが、マスクの繊維が合わないことや擦れることで肌荒れに長期間悩まされる方も多いでしょう。最近では様々なマスクがドラッグストアなどに並んでいますので、ぜひご自身に合ったものを見つけてください。

花粉症の方のベースメイク

花粉症の方のスキンケアとベースメイクの注意点はお肌をべたべたさせずにさらっとした状態をキープすること。保湿はもちろん重要ですが、お肌が湿った状態では花粉が付着しやすくなります。外出するときはパウダーファンデーションやフェイスパウダーで仕上げ、お肌表面をさらさらに保つようにしましょう。素肌に花粉が付着しないよう、普段メイクをしない方も必ずファンデーションでお肌の上に膜をつくり、プロテクトすることがポイントです。

メイク落としをするときは刺激の少ないクレンジングを使い、その後泡いっぱいの洗顔料でやさしく包むように洗い、ぬるま湯で花粉を流します。

花粉症のお肌は敏感になっていて乾燥しやすい状態です。普段のスキンケアではしみたりするかもしれません。お肌は一年を通して同じというわけではないのでこの時期に合ったものをチョイスし化粧品の使い分けをしていきましょう。

ゆらぎ肌の方のスキンケア

花粉症ではないけれど、春先はお肌の調子がよくない・・・というゆらぎ肌の方も多いでしょう。ゆらぎ肌とは最近よく雑誌や化粧品のパッケージで見かけることがある比較的新しい肌タイプです。季節の変わり目など気温の変化や環境の変化でお肌が敏感になる状態で、ストレスを感じているお肌といってもよいでしょう。普段は敏感肌ではないけれど調子をくずしてしまう、そんなゆらぎ肌のスキンケアはシンプルなお手入れがおすすめです。いつもはエイジング美容液やクリームなどで積極的にケアしていても、不安定なときは効果があまり得られず、そればかりか有効成分が刺激になってしまう場合もあります。いつものスキンケアは少しの間がまんして保湿と鎮静をメインにしたお手入れをしましょう。クレンジングはミルクタイプがおすすめです。化粧水、美容液、クリームはデリケートスキンに向けたものや保湿に特化したものが低刺激でお肌に気持ちよくなじみます。

そして忘れてはいけないのが日焼け止めです。紫外線も春先からぐんと増えてきます。UVケアをしっかりするよう心掛けてください。

お肌は日々変化します。お肌をいつもチェックしてその状態に応じたケアをしていきましょう。