スクラブでつるつる潤いボディ

寒さが日毎に増すこの季節、ボディのお手入れをうっかりさぼっていたらタイツやストッキングがお肌に引っかかる、なんてことはありませんか?

くるぶしやかかと、膝、肘がカサカサしていつの間にか粉が吹いている、ということもときどきありますよね。

または、お手入れは完璧だけれどとにかく保湿と栄養!スクラブはなんとなく乾燥しそうだからしない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

4.1.1

 

乾燥する季節こそスクラブを上手に活用しましょう

寒さがつらい冬、さらにつらい乾燥。だから保湿。それはもちろん正しいです。ですがその前にボディスクラブで角質のお手入れをおすすめします。

お肌が乾燥してしまう原因のひとつは、古い角質がお肌に留まっているせいでクリームや美容液などの潤いアイテムをブロックして浸透を妨げることにあります。

ボディスクラブは不要な角質をすっきり落とし、その後の保湿ケア成分の浸透を

促してくれます。

毎日欠かさずボディの保湿を念入りにしているのにどういうわけかしっとりしない、

という場合は目には見えない老化角質がうっすらとお肌を占拠しているせいかもしれません。

 

では、スクラブの使い方です。

乾いた素肌に使用できるスクラブクリームもありますが、シャワーやお風呂で洗った後の温まって濡れたお肌にクルクル円を描くように滑らせて行うと負担が少なく、特に乾燥しやすい方へおすすめです。力は加えずにやさしくマッサージしましょう。使用頻度はだいたい週に1回~2回が目安です。

そしてその効果は1度で発揮されます。くすんでいた部分が明るく、ざらついたり硬かったりした部分は柔らかくつるつるの肌触りになります。

ボディスクラブは冬になるとあまり注目されないアイテムですが、お肌の潤いをキープするためにも定期的にスペシャルケアとして取り入れることをおすすめします。

ボディスクラブでなめらかで弾力のある美しい素肌を取り戻しましょう。