年齢が現れるデコルテケア

夏の終わりは、顔のシミやくすみ、小じわが増えたなと気にされているお客様がサロンに多くご来店されますが、顔にばかり意識が行っているせいか、意外と意識が低くなりがちなのが首やデコルテのケアです。

decorte2

顔と同じように紫外線を浴びている首やデコルテですが、普段からスキンケアを欠かさない顔に比べ、肌のトーンが暗くなっていたり、シワやシミ、色むら、黒ずみが目立ちがちです。首やデコルテは顔と比べますと元々水分量が低く、コラーゲンなどの弾力線維も少ない事から老化やトラブルが顔よりも早く起きやすい部位であるという事に加え、紫外線対策が不十分になりがちで、マフラーや衣類などの摩擦刺激も受けていますので、年間を通して肌トラブルが起こりやすくなっています。

【デコルテのスキンケア】

化繊の衣類や髪のスタイリング剤がついて刺激になっている場合があります。皮膚の薄いデコルテはスポンジでゴシゴシ洗うのではなく、低刺激の洗顔料をよく泡立てて、泡で優しく撫でるように洗いましょう。

デコルテにもお顔同様にローション、美容液、クリームでケアしましょう。但し、一言でデコルテと言っても首に近い部分と胸元とでは肌質が大きく異なります。胸元は皮脂腺が発達していますので、クリームなどの油分の付け過ぎはニキビの原因にもなりますので、気を付けましょう。

 【デコルテのマッサージ】

一日2回朝とお風呂上りのお顔のスキンケアのタイミングでデコルテのマッサージを習慣にされている美意識の高い方も最近は多くいらっしゃいます。首やデコルテ付近には沢山のリンパ管、リンパ線が集中していますので、リンパマッサージをするのにうってつけです。リンパをマッサージすると血行が改善し、シワ、むくみやくすみ、肩こりの解消にもつながります。

  • クイックデコルテマッサージ

1. 右手で左脇のリンパ節を10回程度しっかり掴んで揉み解します。右脇も同様に解します。

2. 3本指を耳下腺から、優しい圧でくるくると指圧しながら下方に進み、鎖骨の真ん中のくぼみに流していきます。3回繰り返します。

3. 3本の右指で左の鎖骨に沿ってクルクルと脇まで流します。その後3本の指を縦にセットし内側から外側に向かって4点指圧をします。これを左右3セット行います。

デコルテが綺麗だと自信を持って胸元の開いた洋服を着る事も出来ますし、張りのある透明度の高いデコルテは顔の印象を決定づけるといっても過言ではありません。ブライダルエステでは非常に人気の高いデコルテケアですが、特別な日だけでなく、毎日の積み重ねが美しく健康的なデコルテを作りますので、今日から毎日お顔と同様にデコルテのケアを充実させてみては如何でしょうか。