美しい髪を手に入れよう

少しずつ空気も乾燥し始める11月、肌の乾燥と同時に気になるのが髪のパサつきです。

来月にはクリスマス、そして年末年始のイベントもそろそろ増え始め、メイクや洋服のおしゃれへの意識が高まるのと同時に、ヘアケアにも意識が高まる時期でもあります。
艶やかで健康的なサラサラな髪は女性なら誰もが憧れるものです。間違ったスキンケアが肌荒れを助長してしまうのと同様、間違ったヘアケア製品によって、必要以上に髪にダ

メージを与えてしまっている方が残念ながら沢山いらっしゃいます。トリートメント選びは多少間違っても髪にそこまで害はないと言われていますが、シャンプー選びを間違えてしまうと髪の健康を大きく損ねてしまうとも言われています。そこで今日は間違った情報も多い、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーについて、それぞれのメリット、デメリットについてお話し致します。

FemBAromResOli_F39_app

・シリコンシャンプーは毛穴につまる
・頭皮のベタつきの元になる
このような悪いイメージは実際の所どうなのでしょうか?

シリコンの役割

シリコンの役割は髪のコーティングです。シャンプー後にきしみが出やすいですが、シリコンが髪を艶やかにコーティングすることで、指通りを滑らかにしたり、摩擦から守る役割を果たします。

シリコンは頭皮に悪いのか?

一昔前はシリコンは身体に害があるように思われていましたか、最近の研究では人体にアレルギー反応を起こすことは限りなく0といわれている安全性の高い成分です。粒子も細かい為、毛穴を詰まらせることは実際にはありません。頭皮や髪に付着してベタつくこともなく、ベタつきが残るようであれば、それはシリコンのせいではなく、単にすすぎが甘い事が原因であることが多い様です。

ノンシリコンシャンプーのメリット

コーティングが無い分、カラーの入り方やパーマがかかりやすいというメリットと、ふんわり緩い仕上がりのセットを作りやすいというメリットがあります。を高めてくれます。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

特に濡れた状態は摩擦に弱く、ドライヤーの熱のダメージも受けやすいです。乾燥した髪は、よりパサつきやすくなる傾向にあります。

 

この様に一概にノンシリコンシャンプーが良く、シリコンシャンプーが悪いとは言えません。またシャンプーはシリコンかノンシリコンかだけではなく、今の頭皮の状態に適した洗浄力のもの、髪質に適した成分が配合されたもの等の観点から選ぶこと等もとても大切な事なのです。
髪が上手くまとまらない、うねる、パサつくなどのお悩みがあれば、是非この機会にご自分の使用しているシャンプーを見直してみるのは如何でしょうか。