Salon Report

ラ・マルメゾン


笑顔がチャーミングな野松さん。きめ細かく明るい肌を作るのは、毎晩欠かさないストレッチと入浴。バスタイムにも香りを楽しむことで、質の良い睡眠がとれるそう。

今回ご紹介するのは、アロマ&ビューティサロン『ラ・マルメゾン』
エステティシャンの野松慶子さんが、“アロマとエステの融合”というコンセプトが伝わるようにとの想いから、フランスのマルメゾン宮殿にあやかって命名。
かのナポレオン皇帝の后であったジョセフィーヌが、バラ好きが嵩じ世界各国のバラを集めたこの宮殿では、専門家による品種改良が盛んに行われ、観賞用としてのバラの基礎が築かれたそう。
そういったジョセフィーヌの功績に共感を覚えるという野松さんは、サロンに訪れてくれるお客様にも、「ここにくることで、美しくなるだけでなく、新しい健康法や美容法をたっぷりと吸収してほしいんです」とのこと。
その考えに基づき、アロマとハーブ、美容についてしっかりと学べるレッスンも展開中です。
そんな野松さんのキレイの秘密に迫ってみました…


  • ボディ用のお部屋は広々。また、優雅なカウンセリングコーナーで寛ぎのひと時を…

  • 施術室は柔らかい光に満たされ、心からリラックスできる

  • 小物の一つ一つまで愛らしいのが嬉しい

  • 特許マシーンを使ったスペシャルケア「カチオリフト」は効果絶大。ドレイニングとステイミュレイションにより肌のたるみをケア。若々しいフェイスラインに。
■『ラ・マルメゾン』誕生の経緯を教えて下さい。
元々編集者だったのですが、偏頭痛持ちなことに加えて仕事も多忙だったため常に疲れを感じていました。そんなとき出会ったアロマテラピーが、脳にダイレクトに働きかけて心身共に開放してくれたことから、すっかり魅了されて勉強を始めました。
また、25歳頃からエステでリラクゼーションの施術を受けていたのですが、この2つを融合したいと思ったことから今の形が誕生しました。
アロマテラピーは、自律神経を調整してストレスに打ち勝つ、自己治癒力をアップしてくれるもの。その結果、健康で元気な身体になると、みんな次は「きれいになりたい」って思うんですね。アロマテラピストとしてはその要望に対応は出来ないので、エステティシャンの資格も取得しました。
そういった経緯で、私のコンセプトに合致した「アロマテラピーを使った化粧品」であるMARY COHRを使用するサロン誕生に至ったんです。
■香りがとても大切なんですね。
嗅覚は、自律神経のコントロールに深く関わっています。リラックスしようと思っても、自律神経が整っていないと身体の芯からはリラックス出来ません。
人間って、嗅覚を刺激されることで、リッチな化粧品の栄養を受け入れる体制が整うんですね。 そこをシャットアウトされていると、いくらいいものを身体に取り入れても、身体は頑なに反発してしまいます。
食べ物でも、盛り付けがきれいだったり、いい匂いがするだけで、その栄養は身体にすんなり入っていきますよね。それと同じです。ただ、勿論十分な睡眠や栄養をきちんと摂っている前提がとても重要。
こちらのサロンでは、簡単なホームケアからちょっと加えるだけで効果的な生活改善のヒントまで幅広くアドバイスさせていただいています。
気軽にいろいろご相談いただければ嬉しいです。

■ラ・マルメゾンさんおすすめアイテム

For Face
ヌーヴェル ヴィー
季節の変わり目等に起こるトラブルを改善し、リセットしてくれるスペシャルアイテム。
(1)細胞を再生さて(2)維持し(3)高めていく3ステップ。
「使い方が凄くシンプルだし、忙しい人にもおすすめです」と野松さん。
For Body
デフィ フェルムテプラス
一本でファーミングから保湿まで出来る優れもの。ストレッチマークの予防から改善まで効果的だそう。

■店舗情報

Salon Name ラ・マルメゾン
Address 〒158-0094
東京都世田谷区玉川3-15-8 A203
営業時間:10:30~20:00
(土18:00まで)
定休日:日曜、月曜、祝日
HP http://www.la-malmaison.jp
TEL 03-3709-8782
Information 二子玉川にあるエステ・リラクゼーションサロン英国IFA認定アロマセラピスト、日本エステティック協会認定エステティシャンのスクール