MARY COHR PARIS PROFESSIONAL BEAUTY SALONS

BEAUTY BLOG

色白美肌へのスキンケア

色白美肌へのスキンケア

エイジングケア世代のホワイトニングは、段階的かつ集中的に行うと効果が高く、また持続 力を発揮します。紫外線が猛威をふるう季節到来の前に、しっかりとケアし、そして予防し てこそ本来の美肌を保つことにつながります。 マスク生活で急増!

シミ予備軍の色むら さらに、ホワイトニング技術は日々進化を遂げ続けています。効果が充分だからといって、 従来のケアのままでは、あなた自身の美肌機能を高めることができません。 エイジングケア世代は特に、ホワイトニングの知識や技術を日々アップデートしていきましょう。冬でも、紫外線はしっかり存在し、肌ダメージを加速させるのはご存知の通りです。 でも、マスク生活が長引いてくると、ちょっとそこまでの買い物や、車の移動時は、マスク をしているからノーメイク、あるいは額の部分をササッと紫外線カットのクリームを塗って 終わり、という生活になっていませんか? マスクで覆われない目元・額・首・デコルテなどは紫外線を集中的に浴びています。またマ スクの摩擦等の刺激で、肌の水分や脂分保持機能が乱れ、乾燥したりムレたりする事も。

このような状態が続くと、顔に色むらが出やすくなります。マスクを取って、しっかり洗顔 した後に、顔全体のトーンをチェックしてみましょう。 顔の輪郭部分がくすんでいたり、ニキビや赤みが気になるようであれば、それはシミとなっ て出現するかもしれません。 ホワイトニングケアをアップデート そもそも、シミのできる主な原因は、肌が紫外線によってダメージを受けた時の保護機能に よって 起こるものです。 メラノサイト(メラニンを生産する細胞)は皮膚の保護のために色 のついたメラニンを生み出していきます。メラニンの色で皮膚の色は濃くなり、メラニンが 紫外線を吸収することによって、ケラチノサイト(表皮の細胞)をダメージから守ることが できます。メラニンが排出されず、蓄積することでシミとなって肌に残ります。 従来のホワイトニングケアは、紫外線ダメージによって、メラニン生成の過程において酸化 を抑制してメラニンへの変化をブロックすることが主流でした。進化したホワイトニングケ アは、シミの根源に直接働きかけてメラニン自体の数を減少させます。そしてその後の色素 変化もブロックすることを目的とします。 できてからでは遅い、シミ対策はシミ自体が出来ない予防の対策がポイントです。

■ホワイトニングケアに効果的とされる成分

成分として欠かせないのはビタミンC。高い抗酸化作用のある、別名アスコルビン酸は、キウイやトマト、柑橘類などから抽出されているものも多く、肌のホワイトニングケアには欠かせない成分です。 酵素チロシナーゼを抑制して酸化を防ぎ、自然な角質除去効果で肌のタ ーンオーバーを促進。なめらかで透明感のある肌をつくります。 また、フリーラジカルの働 きを抑制し、老化の原因になる細胞膜の損障を防ぎます。 集中ケアで色白美肌

■透明感アップのための1週間

洗顔、クレンジング後にローションで肌を整えた後、次に使用する製品の浸透と効果を最大 限に引き出す為、ブースター等を使用します。 次に、ビタミンC等を配合した美容液でお肌 の透明感をあげ、最後はお肌にあった乳液やクリームで仕上げます。更に、集中してシート マスクを組み込むことにより、美肌を高めていきましょう。ホワイトニング製品でトータル ケアをする事もお勧めです。 ホワイトニング製品でトータルケアをする事もお勧めです。

●春に向けて予防の約1ヶ月

紫外線から徹底的に肌を守るため、紫外線保護クリームで日中の紫外線から肌を守り、酵素 チロシナーゼをブロックしていきましょう。 朝も夜も肌の代謝を促進して、シミの予備軍や出来てしまったシミもケアしていきます。 サロンでは、プロの手で、あなたの肌に合わせたアイテムでお手入れすることができます。 コロナ自粛から自分を開放するためにも、癒やされながらサロンで最新のホワイトニングケ アを施すことも良いかもしれませんね。 !


文章の転載、複製、転用等はご遠慮ください。