MARY COHR PARIS PROFESSIONAL BEAUTY SALONS

BEAUTY BLOG

くすみのない透明感溢れる肌に!春を迎える前に始めたいブライトニングケア

くすみのない透明感溢れる肌に!春を迎える前に始めたいブライトニングケア

ふと鏡の中の自分の顔を見て、いつもより肌色が暗い、ツヤや明るさ・透明感が失われて疲れて見える、と感じることはありませんか?

そのような状態の肌は、くすんでいる可能性が高いでしょう。

冬の肌悩みといえば乾燥ばかりにフォーカスしがちですが、乾燥に冷えが重なることで肌がくすみやすい季節でもあります。

くすんだままの肌で紫外線量が格段に増える春を迎えると、その影響を受けてよりお悩みを悪化させてしまい、どんどん肌の透明感が失われていきます。

できるだけ早くブライトニングケアを始めて、春色が映える透明感溢れる肌を手に入れましょう!



今回は、ブライトニングケアのポイントについてご紹介します。

■汚れやメイク、古い角質をしっかり落とす
ブライトニングケアの第一歩は、汚れやメイク、古い角質をしっかり落とすことです。
そのために朝の洗顔と夜のクレンジングは丁寧に行いましょう。

そのうえで古い角質を落とすケアを取り入れることが大切です。

とはいえ、乾燥が気になる季節は肌が敏感になりやすいので、スクラブ剤などピーリング効果のあるコスメは刺激になることもあります。
肌状態を見ながら、酵素タイプのものや、塗るだけで角質ケアができるコスメなど、マイルドな使用感のものを取り入れましょう。


■肌を十分に保湿する
透明感溢れる肌には十分な潤いが不可欠です。
肌をしっかり保湿することを常に心がけましょう。

洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジング剤は、肌に必要な潤いを奪ってしまう可能性があるので避けましょう。

また、潤いを保つためには水分と油分をしっかりと補給する必要があります。
皮脂の分泌量が少ない場合は、乳液の後にクリームを重ねたりして油分を十分に補いましょう。
保湿成分が豊富に配合されたコスメを使用することも効果的です。


■血行を促進させるケアを取り入れる
冷えなどによる血行不良が、くすみを引き起こすこともあります。
身体の血行を促進させるケアを取り入れ、くすみにアプローチしましょう。

毎日湯船に浸かったり、運動で身体を芯から温めたり、炭酸コスメや蒸しタオル、スチーマーなどで肌そのものを温めるケアもおすすめです。

マッサージも効果的ですが、自己流マッサージは肌を引っ張ったり、擦ったりしないように注意する必要があります。エステサロンなど、プロの手を借りるのもひとつの手です。


■ブライトニング効果がある成分が配合されたコスメを使用する
シミの元であるメラニンが原因でくすんでいる可能性もあります。
メラニンは、紫外線や摩擦などの刺激を受けることなどで生成されます。
そのため、メラニンの生成を阻害したり、メラニンを還元して色素沈着を防いだりする効果を持つ成分入りのコスメを使用しましょう。


■紫外線対策は年間を通して行う
紫外線の影響を感じにくい秋冬は、つい対策をサボってしまう方も多いのでは?
しかし、紫外線は年間を通して私たちの肌に降り注いでいます。
秋冬も気を抜かず、日焼け止めを主役とした紫外線対策を行いましょう。


■十分な睡眠をとる
肌のくすみは、疲れのサインであることが多々あります。
くすみが気になった時こそ十分な睡眠をとり、身体や肌の回復を促しましょう。


いかがでしたか。
今回は、くすみのない透明感溢れる肌へと導くブライトニングケアの方法についてご紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、春を迎える前に、明るく淡いカラーのメイクやファッションが似合う肌を手に入れましょう。



※文章の転載、複製、転用等はご遠慮ください。