MARY COHR PARIS PROFESSIONAL BEAUTY SALONS

BEAUTY BLOG

夏前にスッキリさせたい!ゆるみがちなボディラインとフェイスラインのケア方法

夏前にスッキリさせたい!ゆるみがちなボディラインとフェイスラインのケア方法

コロナ禍で外出を控え、人と会う機会が減るなか、ボディラインやフェイスラインのゆるみが気になってきた…、という方が多いのではないでしょうか。
今回は、夏に自信を持って肌を露出できるように、ボディラインやフェイスラインをスッキリさせるケア方法についてご紹介します。

■コロナ禍でボディラインやフェイスラインがゆるむ背景
なぜコロナ禍でボディラインやフェイスラインがゆるみやすくなっているのでしょうか。
まずはその背景について考え、原因を取り除くことが大切です。

(1) 運動不足
コロナ禍で外出を控え、リモートワークの機会が増えると、運動不足になりがち。
しかも、デスクワークを長時間続けていると、血流が悪くなり、太りやすくもなります。
そのためデスクワークは1時間ごとに休憩を取り、その合間に軽いストレッチや散歩を取り入れるなどして運動不足を解消しましょう。

(2) 飲酒量が増加
コロナ禍で自宅での飲酒量が増えたという方が多いのではないでしょうか。
お酒は糖質が高いものが多いうえ、カロリーも高く、睡眠の質を低下させるなどのデメリットがあります。
また、内臓脂肪がついてウエスト周りがゆるむ原因にもなってしまいます。
飲酒量や飲酒の頻度に注意するなど、ぜひこの機会にお酒との付き合い方を見直しましょう。

(3) マスクの中で無表情
マスクをつけて外出することが当たり前になり、マスクの中で無表情で過ごす時間も長くなってしまいました。
そのため、コロナ禍で表情筋の衰えによるたるみに悩む方が増えています。
マスクの中でも口角を上げるなど、口周りの筋肉に対して意識的なアプローチを行いましょう。

■ボディラインをスッキリさせるケア方法
ボディラインに自信がないと、夏のファッションを積極的に楽しめなくなってしまいます。
自信を持って夏のファッションを楽しむために、早めにケアしましょう。

(1)毎日裸でボディラインをチェックする
まずは現状を知ることが大切です。
現在のボディラインを毎日チェックしてみましょう。そうすることで、どこに課題があるのか見えてきます。
できれば毎日チェックし、細かな変動も見逃さないようにすることが大切です。
入浴前や朝の着替えの際に鏡の前に裸で立ち、さまざまな角度からボディラインをチェックしてみましょう。

(2)スッキリしたい部分を引き締めるエクササイズをする
ボディラインをチェックしてみたら、引き締めたい部分がどこなのかがよく理解できるはず。
ウエストまわり、太もも、ふくらはぎ、二の腕などスッキリさせたい部分がどこなのかを把握し、その部分を引き締めるエクササイズを行いましょう。

(3)スリミング化粧品を使いながらマッサージをする
スリミング化粧品を使ってマッサージすることも、ボディラインをスッキリさせるには効果的です。
お風呂上がりの血行がよくなった状態で、毎日行いましょう。

■フェイスラインをスッキリさせるケア方法
フェイスラインの変化は年齢とともに感じられるものでもありますが、意外に自分では気が付きにくいもの。
久しぶりに鏡に映る横顔を見てハッとすることもあります。
三面鏡などで一度自分のフェイスラインをチェックしてからケアを行いましょう。
そうすることで、フェイスラインの変化を確認することができます。

(1)頭皮マッサージをする
顔の皮膚と頭皮はつながっているので、頭皮の状態が顔のたるみに関係している可能性は高いです。
そのため頭皮にもしっかりアプローチを行いましょう。
特にデスクワークで頭皮がこっている方が増えています。
疲れを感じた時や入浴後などの頭皮マッサージを習慣にし、こりをほぐしましょう。

(2)リンパの流れを意識したマッサージをする
マッサージを行う際は、頭部からデコルテまでリンパの流れに沿ってマッサージすることも大切です。
セルフケアが難しい場合には、エステサロンでお手入れことを習慣にすると、効果的なアプローチを行うことができます。

(4) よく噛んで食べるなど表情筋を鍛える
フェイスラインをスッキリさせるには、表情筋を鍛えることが大切です。
毎日できることなら、食事の際によく噛んで食べることをおすすめします。
1口あたり30回以上噛むことをぜひ意識してみてください。
このほか、顔ヨガをしたり、ガムを噛んだりすることも表情筋を鍛えることにつながります。
大切なのは「続けること」です。
無理のない範囲で、ぜひ習慣にしましょう。

いかがでしたか。
夏までにボディラインも、フェイスラインもスッキリさせ、自信を持って夏のファッションを楽しめるように、ぜひ今日からケアに取り組みましょう。


※文章の転載、複製、転用等はご遠慮ください。