今どきの美白は「面の美白」

今どきの美白

美白と聞くと、シミの改善や予防を思い浮かべる方も多いと思いますが、今どきの美白は、「面の美白」です。

面の美白の目的は、色むらを無くし、肌のトーンを統一すること。シミのケアや改善が中心の「点の美白」にばかり意識が向くと、全体のトーンが統一されず、印象アップにつながりません。気になるシミを集中ケアするだけではなく、顔全体の透明感を高めるようにスキンケアを心がけることで、シミの改善スピードもアップします。

 

anita_image_pinkback

そもそも、シミは、肌が紫外線によってダメージを受けたときの保護機能によって出現します。メラニンを生産する細胞、メラノサイトが、皮膚の保護のために色のついたメラニンを生み出していくためです。

メラニンの色で皮膚の色は濃くなり、メラニンが紫外線を吸収することによって、表皮細胞のケラチノサイトをダメージから守る、というメカニズムです。

シミを集中してケアすることは必要ですが、そもそも肌を守るために起こっていること。肌には、周囲の細胞と協力しあって肌ダメージと戦い、守るという性質があります。だからこそ、肌全体の戦力をアップさせるようなケアをしながら局所もケアしていく方が効率的なのです。

前髪をおろしているヘアスタイルの人は、額から下の部位と額の色のトーンが違っていないでしょうか。襟元にファンデーションがつくのが嫌で、首周りの紫外線ケアを怠ってしまったり、首まで紫外線ケアをしているつもりが、照り返しの紫外線までは防げなかった人は、首のシワが目立ったり、くすんでいませんか。汗をかきやすい人は、まぶたや鼻のメイクが落ちやすいので、すっぴんになるとその部分だけ赤らんでいたり、くすんでいないでしょうか。

メイクでなんとかごまかそうとすると、どうしてもその部分だけ濃くなったり、厚手になってしまいがちです。是非、普段のスキンケアに色むら解消、トーンの統一を意識した「面の美白」を取り入れてください。

美白アイテムの働かせ方

1910_bulog2

  • 毎日の美白ケアを徹底する

美白アイテムのほとんどには、抗酸化とチロシナーゼの働きを制御する働きのある成分が入っています。毎日のスキンケアに投入することで美白効果を狙います。

  • 就寝時にも美白ケアを

日中に紫外線のケアを徹底することも大事ですが、その後の肌の癒やしも徹底することで、肌全体に活力をみなぎらせ、復活する力を育てましょう。そしてそのタイミングの焦点を就寝時にあて、美白成分の高いクリームやジェルを塗布し、肌を休ませながらじっくり浸透ケアを。

  • ラインケアで、肌全体の印象を明るく

さらには、点のケア、面のケアすべてをまかなうために、美白アイテムはラインで使用するのもおすすめです。洗顔、クレンジング、化粧水など、スキンケアのステップごとに、美白アイテムを投入することで、肌全体の印象を明るく、透明感をもたらしましょう。