冬のボディケア

”セルライト“は冬に育つ!

冬は寒さから冷えや乾燥で肌の血行が悪くなり、実はセルライトがたまりやすいのです。

そしてこの時期は、なんだかんだと気をつけていても、イベントが多くなるので気が緩みがちです。

4.1.1

自分へのご褒美として、美味しいもの三昧になる人も多いことでしょう。すると、ボディラインにかなり影響が出てくること間違いなしです。

ゆるんだボディラインは、冬から春にかけての3ヶ月ほど、まるっとセーターやコートで隠せてしまうので、早急になんとかしなくちゃ!という決意も生まれにくいのが現状です。その間、脂肪やセルライトがあなたの体で成長を続け、かたくなり、なかなかほぐすことができなくなってしまいます。春になる前に慌ててボディケアをしても遅いので、この時期のボデイケアには、保湿だけでなく引き締めながらハリをもたせてくれるようなボディケアアイテムを使用しましょう。

ボディケアのポイント

寒さで血管が収縮しないうちにボディケアを行うことがポイントです。

体や手が冷たいと、美容成分が肌になじみにくいので、お風呂上がりで体を温めてから、温かい部屋で体が温まっている時に、ツボやリンパの刺激をしながらマッサージするのもおすすめです。お風呂タイムでは、気になる部分に温かい温度のシャワーを当て、その部分の血行をより良くした状態にしてお風呂から出ると、ボディクリームがなじみやすくなります。

191129_208(light)

ゆるみがちな心と体に〈活!〉を入れる生活習慣。

部屋の模様替えをする

思いっきり部屋の模様替えをすることも、体を動かすことにつながります。ベッドの向きを変える、ソファの向きを変えるだけでもかなりエネルギーを消費します。暑い時期より作業はしやすいので、大掃除のついでにあれこれ動かしてみると気分転換にもなります。

 

あえて体を動かさないとできない家事をする

大掃除だけでなく、粗大ゴミの処理、クローゼットや部屋の片付けなど、寒い冬でもちょっと汗ばむくらいの作業をするようにしましょう。体を動かしやすいように、くつろぐ時より薄着になって作業すれば、動きも活発になり、代謝もアップ、脂肪の燃焼がしやすくなります。

 

家の中でできる簡単なエクササイズを日課にする

テレビを見ながら、椅子に座りながら、煮込み料理をしながらなど、ながらエクササイズを日課にして、じっとしている時でも、血行促進する動きができるように習慣づけをしておきましょう。

 

イベントはやっぱりお出かけ派

イベントはやっぱりお出かけ派なら、インナーからコートまで、思いっきりオシャレを楽しみましょう。コートを脱いだ時のボディラインを常に意識することで、体に緊張感を与えることができます。

 

 

姿勢を正す

この時期は、寒さや厚着で姿勢も崩れがちです。姿勢が悪いと血流が悪くなり、代謝機能が低下します。冬だからこそ常に正しい姿勢を心がけ、寒さで丸くなった猫背の背中をグッと伸ばして過ごすようにしましょう。

 

イベントを思いっきり楽しむ

クリスマスやお正月用の飾り付けアイテム、食材の買い出しも、ネットでポチッと済まさず、いろいろな店をチェックして回ると、歩数も、消費カロリーもかなり稼げます。エクササイズを兼ねる気分で買い出しも楽しみましょう。